初めてのパーソナルトレーニング|ジムやトレーナーとの相性が重要

男女

ヨガを行う際に

複数の女性

欧米発のヨガウェアは、日本では見かけないデザインや、明るい色使いが特徴です。デザインは、スポーティでスリムなタイプが主流ですが、最近はコットン素材で程よく体に沿ったデザインのものも注目されています。現在、トップスはタンクトップやキャミソールが多く発売されています。今後もこの傾向は変わらないでしょう。ただし、今までは胸パットが入っていないものが多かったのですが、最近は胸パットが入っているものも増えてきています。これにより、日本人でも気兼ねなく着ることができるようになりました。ボトムスで注目されているのは、軽くて柔らかなコットンタイプのヨガウェアです。特に、自分で刺繍や色が選べる、オリジナル性の高いものに人気が出ています。

海外ヨガウェアを買う時に注意することは、製品の作りとサイズです。前述しましたが、トップスには胸パットが入っていないものもあるので、確認することが必要です。主にボトムスに言えるのですが、生地がとても薄いこともあるので、素材をよく確認することも大切です。そして、格安ヨガウェアを買うときは、縫製もよく見ましょう。サイズについては、海外ヨガウェアの場合、サイズ表記が日本のものと違います。まず、サイズの表記方法を確認しましょう。そして、表記サイズがカバーしているサイズの範囲も確認しておきます。基本的に、アメリカサイズのXSは、日本サイズのSサイズであることが多いです。海外ヨガウェアは、体に沿った作りのものが多いので、サイズの確認はとても重要です。